• ホーム
  • 行動療法やメガリス服用、海藻でEDを改善する

行動療法やメガリス服用、海藻でEDを改善する

2020年01月28日

メスを使って治る病気とは別に、精神面の問題が病気の原因としてある場合には、根気よく治療を続けなければなりません。
精神面の影響が強いとされている病気の一つとして、男性の病気であるEDがあります。
EDには心因性のものがあり、EDを患っている男性の8割から9割が、精神面の要因が関わっているとの報告があるほどです。

EDにおける精神治療の方法には、行動療法と心理療法が存在します。
行動療法というのは、患者の身体そのものではなく、行動に着目して改善をしたり、中止することで、EDからの回復を目指すというやり方です。
もう一つの心理療法ですが、医師やカウンセラーが患者の心理的な苦痛を突き止め、改善を行うといった心の問題に着目した方法です。

これらの治療と同時に、治療中の性行為を不自由なく行うための、ED治療薬が処方されます。
ED治療薬には日本で許可されたものと、許可はされていませんが、個人輸入や現地に赴くことで購入できる、海外製のジェネリック医薬品が存在します。

基本的に病院では許可されている薬のみを処方してくれますが、中にはメガリスなどのジェネリック医薬品を、希望すれば渡してくれるケースがあります。

EDを改善するには、治療薬では不十分ですので、行動療法などのように、食事療法も率先して行いたいところです。
身体を健康にするには、ミネラルなどの栄養素の補給が不可欠です。
海藻には豊富なミネラルが含まれていますので、できるだけ毎日のように摂取しましょう。
果物や野菜には、これも身体に大切な栄養素であるビタミンが豊富です。

海藻と野菜を組み合わせてサラダを作ったり、食後のデザートとして果物を摂取するなど、工夫してみましょう。